確定申告を気楽に乗り切ろう!第1回「確定申告ってなに?」

皆さん、新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします^-^


税理士めぐめぐです。



さて、皆さんはどんな新年を迎えましたか~?

新しい目標を設定するのにふさわしい時期ですよね^^


個人事業主の方は、新年が明けると・・・。

あることで頭がいっぱいになります。


それは、「確定申告」です!


多くの書類をそろえたり、領収書を整理して集めたりと、面倒な作業ばっかり。

ほとんどの事業主さんは憂鬱な気分になるのではないでしょうか・・・。


今日から5回にわたって、確定申告を気楽に乗り切るための情報やノウハウを解説したいと思っています!(^^)!



■確定申告のしくみは?


そもそも所得税とは、個人がその年の1月1日から12月31日までの期間に得た所得に対して課税される税金です。


所得税の確定申告とは、その期間内の収入・支出、医療費や寄付、扶養の家族状況などから所得を計算した申告書を税務署へ提出し、納付すべき所得税額を確定することをいいます。


確定申告の申告時期は、毎年度翌年の2月16日~3月15日(平成27年は3月16日)までの1か月間。


「3月16日までに出せばいいのか」と安心してはいられません。税務署の窓口は最終日が近付くほど混雑します。早めに申告を済ませたほうが良いでしょう。



■所得の種類


所得税が課税される所得は全部で10種類!


 ①利子所得


 ②配当所得


 ③不動産所得


 ④事業所得


 ⑤給与所得


 ⑥退職所得


 ⑦山林所得


 ⑧譲渡所得


 ⑨一時所得


 ⑩雑所得


おそらく、このなかでは、「④事業所得」が読者の皆様にとって中心になるかと思います^^



■事業所得とは?


事業所得=収入-必要経費


この式からも分かるように、必要経費を明確にすることが大切です。


 ●必要経費に算入できるもの


 ●必要経費に算入できないもの


これらについては第3回で説明しますね♪


以上が簡単な概要になります! 

概要を理解して、スケジュールを組んでいきましょう!(^^)!


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました