【第3回 独立開業までの道】 事業計画書♪ 作成への道!~その8~

みなさん、こんにちは^^ 

所沢の税理士めぐめぐです(^_-)-☆


秋の3連休、みなさんいかがお過ごしですか?

私は11月1日(土)埼玉県の浦和で起業塾のセミナーをやらせていただきました^^


あいにくの雨の中(わたしが実は雨女)でしたが、足を運んで下さいました起業家の皆様には大変感謝していますm(__)m。皆さんの熱いまなざし・真摯な態度にわたしもつい、力が入り3時間というセミナーを全力疾走で駆け抜けた感じです。^-^


内容は・・・


 ●助成金・補助金・融資

 ●知ってお得な税の話


大変、ボリュームがあり内容も難しいため、なかなかすぐに理解できないかもしれません。

難しい内容をいかにわかりやすく伝えるか・・・。今後の課題ですね。


さて、今日のブログはセミナーの中でお伝えした助成金・補助金の注意点!についてお話ししたいと思います。



■補助金ありの起業は難しい!?


助成金や補助金は「返さなくていいお金」で大変ありがたいものですね。

ぜひ、獲得したいものになります。


特に、起業前後の方は収入も不安定ですし、事業の見通しもなかなか立ちづらい状況ですから、良い助成金や補助金があれば、とりに行きたいと思うのは当たり前のことです。^^


ですが、ここで注意しなければならないことがあります。


例えば、「創業補助金」の場合、短い公募期間で金融機関の押印などさまざまなハードルがありましたね。

もともと、起業を考えじっくり準備してきた人はいいのですが、補助金に合わせて無理をするケースもありました。


この補助金は1年後のキャッシュバックなので、1年間はお金が入りません。


じっくり準備してきた方は、必要資金もしっかり把握しているため、なんとか回転していくだけの資金を確保しています。


補助金に合わせて短期間で起業した方は、思ったように売上もあがらず、あっという間に資金繰りが厳しくなります。 自分のペースではなく、補助金の申請ペースで起業したために資金計画が甘く、たちゆかなくなってしまうのです。


そのため、事業どころではなくなってしまい、追加融資などに奔走することになってしまいます。また、残念ながら継続不可能になってしまったケースもありました。


■今からじっくり準備をすることが大事


来年度にも、また「創業補助金」が始まると思います。

今からじっくり準備・・すなわち、事業プランをたてて実行可能かどうか見極めてほしいと思います^-^とくに必要資金は厳しめに考えて下さいね


今日も最後までお読みいただいてありがとうございました^―^

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。