【第3回 独立開業までの道】 事業計画書♪ 作成への道!~その1~

みなさん、こんにちは^^ 

所沢の税理士めぐめぐです(^_-)-☆ 

 

まだまだ暑い日が続いていますね。 

私、最近忙しくて、大好きなスポーツが出来ていないせいか、体調がいまいちですよ^^;

 

皆さんも、お体大切に残暑をのりきりましょうね^^

 

さて、今回からはいよいよ、事業をかたちにしていく大事な作業のお話しをしていきます。

 
■"けいかくしょ"作成の目的とは?
 
●自分の夢を現実にしていくためには、抱いていたイメージの具体化が必要です。
具体的な言葉と数字にしていくことで、目に見える形にしていきます。
 
●そうすることによって今まで何となく不安を感じていたり、確信が持てなかったりした事柄が次第にはっきりとして問題点や課題が浮き彫りになってきます。
 
●その検討の結果、事業化が思っていたよりも資金面や諸条件をクリアーすることが困難であったりする場合には、もう一度そのアイデアについて根本から構想を練り直して見る必要があると納得できるわけです。
 
●こうやってその内容について検討と修正を何度も繰り返していきます。
 
事業を永続、いや3年5年と続けていける割合は2割程度です。
計画書を作ったとしても、思った通りには行かないことが現実にはあります。
 
しかし、少なくとも自分がやろうとしていることが現実に可能なのかどうか、何か不足のことがないかどうか、お客さんがしっかり見えている事業なのかどうか・・確認することが出来るのです。
 
これがあってようやくスタートラインに立てると私は思っています。
 
 
■事業計画書のチカラ
 
「事業計画書」はさまざまな場面でその力を発揮してくれます。
 
〇助成金や補助金
〇融資
〇支援者をつのる
〇従業員の採用など
 
また、ビジネスプランコンテストといった自治体に応募できて優勝すれば、賞金だけでなくさまざまなPRにもなりますね。
 
ですから、最初が肝心!
時間がある時にぜひ、作って下さい!
 
「事業計画書の作り方」など、ご不明な点はこちらまでお問合せ下さいね(^_-)-☆
 
今日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。