税務調査の特徴について

みなさん、こんにちは^^

所沢で税理士・社労士の事務所を開業していますゆかいな税理士めぐめぐです♪

 

早いもので、今年も半分が終わろうとしています☆

今年の目標は達成出来そうですか?

 

あと半年、エンジン全開でばしっと走り抜きましょう!

 

 

■税務調査の特徴について

 

さて、今日のテーマは「税務調査の特徴について」です♪

 

あまり入って欲しくない税務調査ですが、実はこんな特徴があります。

 

 

【 異動の時期 】

 

税務署の年度は、7月から翌年6月となっています。

したがって、税務署の人事異動は7月に行われるんですね。

 

通常、年度といえば4月から翌年3月を指しますが、税務署は確定申告の期限3月15日前後は忙しいため避けて決めているようです。

 

税務署の異動は3年に一度をめどに行われています。

7月の人事異動にはなんと、1/3程度の配置が変わるそうなのでこの時期ははかなりバタバタしているわけですね。

 

 

【 税務調査のシーズン 】 

 

年間のスケジュール

 

●7月から8月・・異動の引継ぎと夏休み

 

●9月から11月・・税務調査のシーズン(最大のヤマ)(*_*)

 

●12月・・年末の書類整理

 

●1月から3月・・確定申告の対応

 

●4月から5月・・税務調査のシーズン(2つめのヤマ)

 

●6月・・年度末の事務手続き

 

これを見て分かるとおり、最大のヤマは9月から11月になります。

この時期は、どの調査官もしゃかりきになって仕事をするので要注意ですね。

 

2つめのヤマは、すでに目標を達成している調査官は比較的のんびりと調査をやるようです。

 

とはいえ、そんなに怖がることはありません。^^

落ち着いて対応すれば大丈夫ですよ。

 

次回は調査の内容についてお話ししま~す!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。