創業セミナーを終えて思ったこと♪

皆さん、こんにちは^^

所沢市で税理士・社労士事務所を開業しているゆかいな税理士めぐめぐです♪

 

皆さん、お花見はしましたか~(^_-)-☆

 

■創業セミナー

 

わたしは土曜日(4月5日)さいたま市でお花見ではなく、「創業セミナー」を開催しましたよ~。

おかげさまで14名定員の中、15名の方からお申込みを頂きました。

 

感謝感謝です^-^

 

内容は・・・

 

 〇むずかしくない税のはなし

 

 〇助成金・補助金の返す必要のないお金のはなし

 

 〇創業融資を受けるための目からうろこのはなし

 

・・・と創業前後の方を対象にしたセミナーでした。

 

このセミナーはさいたま開催3回目になりますが、今回はあっという間に定員に達し、非常に関心が高かったですね。

 

当日も皆さん、熱心に聞いてくださり、眠たそうな方もいなかったと思います^^

あくまでも自己評価ですが・・・^^;

 

レジュメのボリュームが多く、まともにやったら6時間以上かかる内容です。

半分の3時間で効率よくやらなければならなかったため、かなりテンションをあげて臨みました。

 

■事業計画書の重要さ

 

私は税理士として創業前後の方とのお付き合いが多いため、セミナーでは実際に質問の多いところであるとか、融資や補助金に必要な「事業計画書」の作成方法を効果的にお話しできればと思って開催しています。

 

「事業計画書の作成」は補助金の採択の有無にかかわらず、事業の継続を考えたら必須事項です。その事業は実現可能なのか、お客様が見えているか・・きちんと自分と向き合って作成すべき大切なことです。

 

「事業計画書」を作り、社員と共有し社長は無休で一生懸命働き頑張っても、不測の事態で残念な結果になることもあります。

 

創業して1年以内で半分弱は継続不可能になるくらい、とても厳しいです。

 

 

■税理士をつけるメリット

 

だからこそ、創業前後から税理士を付けてほしいんですね。

税理士は単に税金の計算や経理をするだけではなく、最も身近な相談相手として経営に関すること、融資のタイミング、また人脈を生かしたマッチング・他士業との連携など全力でバックアップします。

 

多少の顧問料はかかりますが、その負担をはるかに超えるメリットがあります^^

ぜひ、相談して頂きたいですね~^-^

 

今日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。