公式ブログ:おしえて!つなかわさん

「お金」と「ヒト」について専門用語は使わずやさしく説明します(毎週月曜に更新)     

個人事業主様や小規模ビジネスオーナー様に向けたやさしいブログです。

   

Amebaブログでも公開しています。

社長夫人に給料を払う際の注意点

皆さん、おはようございます!

所沢の税理士めぐめぐです。


中小企業の場合には、会社と社長の財布が実質的に同一というケースは珍しくありません。


そのため、会社と社長を含めた全体での節税を考えた場合に、社長夫人に給料を支払うと節税になる場合があります。

続きを読む 0 コメント

業務上災害でも解雇は可能? 「傷病補償年金」がカギになる

皆さん、おはようございます!

所沢の税理士めぐめぐです。


業務上の傷病により休養し、一定期間を経て、会社規程の休職期間の満了を迎える従業員がいます。現在は傷病補償年金を受給しています。


本人が休職期間満了による退職に応じない場合、業務上災害では解雇は難しいのでしょうか?

続きを読む 0 コメント

マイナンバーで副業はバレる?バレない?

皆さん、おはようございます!

所沢の税理士めぐめぐです。


いよいよ10月からマイナンバーの通知カードが住民票の所在地に順次発送されます。説明会やセミナーでは、マイナンバーに関するさまざまな質問や疑問が挙がってきています。 


その中で一番多い質問が、「マイナンバーを勤務先に教えると、アルバイトなどの副業をしていることがバレるのではないか?」というものです。

続きを読む 0 コメント

10月1日から東京都の最低賃金が上昇!

皆さん、おはようございます!

所沢の税理士めぐめぐです。


「正社員を雇うことにしました。月給で基本給を155,000円と定めました」 ちょっと待ってください! 


それでは50万円以下の罰金を支払わないといけないかもしれません。 

続きを読む 1 コメント

中小企業が知っておきたいマイナンバー講座

皆さん、おはようございます!

所沢の税理士めぐめぐです。


マイナンバーを専門家に委託する場合、中小企業には監督義務があります 。


中小企業の場合、源泉徴収票作成などの年末調整業務や、社会保障関連の書類作成は、税理士事務所や社会保険労務士事務所などの専門家に委託している例が目立ちます。マイナンバーの取扱いについても、こうした外部専門家に委託することが可能です。


ただし、その場合、中小企業は委託先となる税理士事務所や社会保険労務士事務所などに対して、必要かつ適切な監督を行う義務があるのです。

続きを読む 0 コメント

Amebaブログでも公開しています。